【年中無休】 「電気自動車給電システム〔米国特許版〕」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理

【年中無休】 「電気自動車給電システム〔米国特許版〕」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理


■パテントテック社 

■編集者:インパテック株式会社
■発刊日:2015年5月11日
■資料体裁:A4判、160頁、簡易製本
■ISBN:978-4-86483-528-2



★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス
■本誌の特徴等
1.調査目的
 「電気自動車給電システム」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、などに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)直近2年間における企業および技術の注目すべき動向は何か、
 (2)どの電気自動車給電システム関連企業にどのような技術の公開があるか、
 (3)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (4)最近10年余における関連技術の消長はどのようになっているか、
 (5)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
米国における「電気自動車給電システム」の知財の現状につき具体的なデータを提供し、今後の開発指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「電気自動車給電システム」の過去10年(公開日:2005年1月1日~2014年12月31日)に及ぶ米国登録・公開特許について、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
 特許情報公報の検索結果は3,982件であり、登録公報・公開公報重複除去後(登録公報優先)の2,943件を対象にマップを分析した。

3.報告書の構成
 本報告書は、以下の4つの部分から構成されている。
1.パテントマップ編
 A.直近2年間に新規出現した出願人、分類による動向分析
 B.全般分析
 C.上位20出願人比較分析
 D.上位5出願人個別分析
 E.特定3社比較分析(6位GM、8位Ford 、16位Tesla)
 F.上位20特許分類分析
 G.特定特許分類分析

 2.パテントチャート編

 3. 評価式算出結果から見た注目特許

 4.総括コメント

4. 本報告書の特徴
● 「電気自動車給電システム」に関する最近10年間、さらには直近2年間の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 本技術分野に関連する各企業間の連携状況が読み取れる。
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい



はじめに

調査分析結果

1.パテントマップ編

A.直近2年間に新規出現した出願人、分類による動向分析

A-1.直近2年間の出願人別公開件数ランキング(上位20)
A-2.直近2年間の出願人別公開件数推移(上位20)
A-3.直近2年間のCPCサブグループ別 公開件数ランキング(上位20)
A-4.直近2年間のCPCサブグループ別 公開件数推移(上位20)
A-5.直近2年に新規出現した出願人(件数4件以上)
A-6.直近2年に新規出現したCPCサブグループ(件数4件以上)
A-7.直近2年に増減したCPCサブグループ(増減各上位10)
【資料1】直近2年に新規出現した出願人(4件以上)の特許リスト

B.全般分析

B-1.全体の技術開発ライフサイクル
B-2.公開件数の推移(年次と累計)
B-3.出願人数の推移(年次と累計)
・ ・
・ ・
B-12.発明者別公開件数伸長率(上位40、件数差10件以上)
B-13.CPCサブグループ分類別公開件数伸長率(上位40、件数差20件以上)
B-14.CPCサブグループ分類別発明者数伸長率(上位40、発明者数差30名以上)

C.上位20出願人比較分析

C-1.公開件数比較(2005年~2009年 VS 2010年~2014年)
C-2.公開件数の推移(年次)
C-3.共同出願人数の推移(累計)
・ ・
・ ・
C-9.公開件数占有率
C-10.公開件数の伸びと1位CPCサブグループ分類Y02T90/14に関する構成率比較
C-11.発明者数*CPCサブグループ分類数の比較

D.上位5出願人個別分析

D-1-1.【TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA】CPCサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
D-1-2.【TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA】CPCサブグループ分類別件数増減状況(上位20)
D-1-3.【TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA】独自CPCサブグループ分類別公開件数ランキング(上位20)
D-1-4.【TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA】独自キーワード別公開件数ランキング(5件以上)
D-1-5.【TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA】発明者別公開件数ランキング(上位50)
D-1-6.【TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA】発明者別公開件数伸長率(件数差5件以上)
D-1-7.【TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA】上位20CPCメイングループ分類と上位20発明者との公開件数相関
D-1-8.【TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA】上位20CPCサブグループ分類と上位20発明者との公開件数相関
D-1-9.【TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA】共同出願人との連携
D-2-1.【WITRICITY CORPORATION】CPCサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
・ ・
・ ・
D-3-1.【Honda Motor Co., Ltd.】CPCサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
・ ・
・ ・
D-4-1.【General Electric Company】CPCサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
・ ・
・ ・
D-5-1.【DENSO CORPORATION】CPCサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
・ ・
・ ・

E.特定3社比較分析(6位GM、8位Ford 、16位Tesla)

E-1.3社の上位10CPCサブグループ分類別公開件数の推移(年次)
E-2.3社のGM上位5CPCサブグループ分類別公開件数比較
E-3.3社のFord上位5CPCサブグループ分類別公開件数比較
E-4.3社のTesla上位5CPCサブグループ分類別公開件数比較
・ ・
・ ・
E-9.Teslaの公開件数伸び変遷
E-10.3社とCPCサブグループ分類(上位10)との公開件数相関
E-11.CPCサブグループ分類別公開件数グロスランキング(上位10)

F.上位20特許分類分析

F-1.CPCサブグループ分類別公開件数比較(上位20)(2005年~2009年 VS 2010年~2014年)
F-2.CPCサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
F-3.CPCサブグループ分類別出願人数の推移(上位20、年次)
F-4.CPCサブグループ分類別発明者数の推移(上位20、年次)
F-5.CPCサブグループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)

G.特定特許分類分析

G-1.特定CPCサブグループ分類の公開件数の推移(年次)
G-2.特定CPCサブグループ分類の上位20出願人別公開件数の推移(年次)
G-3.特定CPCサブグループ分類の新規出願人数の推移(年次)
・ ・
・ ・
G-8.特定CPCサブグループ分類Y02T90/121の出願人別公開件数ランキング(10件以上)
G-9.特定CPCサブグループ分類Y02T90/122の出願人別公開件数ランキング(5件以上)
G-10.特定CPCサブグループ分類Y02T90/124の出願人別公開件数ランキング(2件以上)

2.パテントチャート編

H-1.Hyundaiの時系列チャート分析
H-2.Audiの時系列チャート分析
H-3.Teslaと特定CPCサブグループ分類のマトリクスチャート分析
H-4.GMと特定CPCサブグループ分類のマトリクスチャート分析
H-5.直近2年の新規出願人における評価最高値出願のサイテーションマップ

3.評価式算出結果から見た注目特許

I-1.出願人別評価値合計ランキング
I-2.出願人別評価平均ランキング
I-3.出願人別評価最高値ランキング
・ ・
・ ・
I-8.直近2年の新規出願人別評価平均ランキング
I-9.直近2年の新規上位20出願人評価値合計×評価値最高値散布図
I-10.直近2年の新規上位20出願人評価平均値×評価値最高値散布図
【資料2】評価値上位50の特許リスト

4. 総括コメント

<参考資料>
【参考資料1】出願人統合リスト
【参考資料2】パテントマップ・パテントチャートの種別と見方









■TAIYO 高性能油圧シリンダ〔品番:70H-81FZ80CB500-AB-L〕[TR-8443269]【個人宅配送不可】
スクロール

【年中無休】 「電気自動車給電システム〔米国特許版〕」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理

■TAIYO 高性能油圧シリンダ 〔品番:140H-8R2FZ32BB300-ABAH2-YL〕[TR-8330500]【個人宅配送不可】